ストリベクチンVSシグナリフト 若返り効果の影に副作用?どっちを選ぶ?

奥ちゃま! ごきげんよう!

最近は寒い日が続きましたが、今日はしばらく振りに晴れて、気持ちいい天気ですね!

ところで今日の話題はシワやバックエイジングに効くという話題の「全米NO.1シワ対策クリームのストリベクチン」「日本が誇る再生医療最先端から生まれたシグナリフト」

を両方使ってみての、私なりの感想を書きたいと思います。(あくまでも個人の使用感です)

 

ストリベクチンとは何ぞや!?

ストリベクチンとは全米で「シワが消える」という口コミから火がつき、一大旋風を引き起こした、リンクルケアのクリーム。

実際にストリベクチンのウェブサイトには、クッキリと刻まれたシワが消えている写真がばっちり掲載されています。

私のこのブログでも検索訪問される方がダントツに多いのがストリベクチンの記事です。

出会いはママ友からのプレゼント

私とストリベクチンの出会いはお友達からのプレゼントです。

ウチの息子は私立の中高一貫校に行っているのですが、そこのママランチの場で「余ってるから~」といただいたのがストリベクチンSD!

そのママは駐在帰りのものすごい美人!

私より10歳は年下だろうな~と思ってたのですが、お付き合いが深まるごとに???な出来事がちょくちょくあり、(中高生のころ、ピンポイントではやったモノやアイドルの記憶が同じ)もしかして同年代かも~と疑っているところです。

「肌に合わなかったら、すぐ使うのをヤメテネ!」と言われて、ネットで調べて自分なりに「アメリカ製だから強いかも」と思い使い始めました!

結果・・・・・ものすごい肌のバックエイジング効果を感じました!

そのママにもお礼を言ったら

「私もストリベクチンは即効性があると思う」と言われ、あんなに控えめな言葉を添えてくれたのに、「これ凄いんだよ!」と心では思っていたのね~っと!

やっぱり万人に合うモノじゃないから、熱烈アピールはしにくいんでしょうね。

過去のストリベクチンの記事は ↓ です。
ストリベクチンを使った喜びであふれていて、あの時は本当に自分の加齢の状態にガッカリしていたんだな・・・と思います。

もはや塗るボトックス! ストリベクチン全米NO.1のその効果が凄すぎる!?

2019年10月5日

ストリベクチンは即効性だけど重大な副作用が!?

過去記事を見てもらえばわかるけど、マジでストリベクチンは即効で肌が戻ります。特に加齢に悩んでいる人は効果を実感できるのではないでしょうか?

ただ問題が!?

そうです、副作用です。

副作用というか、成分が私たち日本人の肌には強すぎるのです。

肌に塗るとピリピリして、最初の1~2週間は赤くなります。

それを我慢できるかどうか!?

悩みの切実さにもよるし、本人の体質にも肌質にもよるのだと思います。

シグナリフトはバックエイジングするけど副作用なし!

 

シグナリフトは今でのエイジングケアの常識を変える、日本が誇る再生医療から生まれた「幹細胞に働きかけて皮膚(真皮)組織の再生を促す」美容液です。

手持ちの洗顔料で洗顔した後に、シグナリフトを塗り、その成分のフタとして手持ちのクリームを塗るだけというシンプルケア。

それなのに、3日目ごろから肌がツルツルしてきて、7日たったころには、肌が一皮むけたような感じに!!

ストリベクチンと違って痛みもヒリヒリもありません。

シグナリフトは安心処方

シグナリフトの全成分

水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、チレッタセンブリエキス、ヘキサペプチド-33、スフィンゴミエリン、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、オリゴペプチド-41、デカペプチド-4、カプロオイルテトラペプチド-3、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、カルボキシメチルヒアルロン酸、水溶性プロテオグリカン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ヒメコウジ葉エキス、水添ホスファチジルコリン、フィトステロールズ、セラミドNP、フラーレン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シア脂、カプリル酸グリセリル、グリセリン、キシリトール、デキストラン、マルトデキストリン、キサンタンガム、BG、PVP、カルボマー、水酸化K

シグナリフトには肌に不安な合成保存料やパラペンなどが含まれていません。

副作用がよく報告されているレチノール、1.3-ブチレングリコールも未配合。

反対に、独自の特許をとったシグナペプチド配合。

シグナペプチドは肌の再生スイッチをおして、肌のコラーゲンとセラミドの再生をうながし、細胞を活性化させてくれ、若々しい肌に導くそうです。

アンチエイジング成分としてビタミンC誘導体のパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naとフラーレンが含まれています。

 

日米対決の勝敗は!?

ストリベクチンもシグナリフトもどちらも、私の肌での検証結果はバックエイジングする

でも、肌がピリピリするのを耐えられれば、ストリべクチンの方が効果はあるような気がします。

朝起きた時違うと思うのはストリベクチンなんですよね~。

 

ストリベクチンは日本で正規販売されていないからハワイやアメリカに行ったときに買ってくるかしか入手方法がありません。

でもAmazonでは売っているみたいです。

信用度の高い業者で手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です