「シルクのべっぴん塾」見て今更ながら「美は求めずんば得ず」だと思う。

奥ちゃま、ごきげんよう!

今日の話題は、関西の人なら良く知っている非常階段という漫才コンビだったシルクさんについてです。

昔はぼ~っとした外見でありながら大阪外語大(現大阪大学)出身ということで、私、大学時代に友達と

「非常階段って外大やねんて」「マジ?」「なんで外大なのに漫才師?」

という会話をしたことを覚えています。

今は高偏差値のお笑い系芸能人がたくさんいますが、昔はそうおらず・・・しかも女子!

かなり異端でした。

外見もぬぼ~っとした感じで、今の美を作りこんだ外見からはまったくもって想像できない位です。

そんな彼女の本「シルクのべっぴん塾」を図書館で手にしてみたら!

けっこうよかった!

思わず、Amazonで注文しちゃう位・・・(笑)


シルク語録に深く同意

あきらめなければ、若返りも幸せも叶います

え、、若返りだけじゃなくて、幸せも! そうよね!幸せは自分の中にあるのよね~!

年齢を重ねることは老化ではなく、発酵です。

年齢は単なる背番号です。

 

そういえば、こんなに年齢を聞かれるのは日本だけと聞いたことが・・・。

欧米では見た目年齢でOKだとか。

よく芸能人の名前の下に(49)とか書かれると、実はげんなりしちゃうのよね。

化粧品はいいものをたっぷり使ってください。高価なだけがいい化粧品じゃありません。そして、化粧品には浮気症になっ。てもいいんです。

老化を進める食事、美を運ぶ食事を知ること。

なるほどね~。

読み進めていくと、かなりフェイササイズの分量が多いです。

ものすごい表情(一般人でさえ、けっして人にはお見せしたくないレベル)の写真オンパレードで、思わず凝視してしまします。

それだけでも、鬱鬱としている時の気分転換になるかも~。

べっぴん塾のDVDもあるそうで、そっちも面白いそうです。

関西の人は、TVでこれがオンタイムで見れるんでしょ?

いいなぁ~。

関西のTVって東京で暮らしてみれば、やっぱりベタで本音っぽくて面白いんだよなぁ。

関西に住んでいる時は、新喜劇なんてアホらし・・・と思ってたのに、今や懐かしいし。

シルクさんのあけっぴろげな美への追及も、関西ならではなんでしょうねぇ。

 

シルクさんが本の中で紹介していた「シルク愛用のお気に入りコスメ」にライスフォースのディープモイシュチュアクリームがありました。

「お米みたいなもっちりとした付け心地。乾燥肌の時、首までしっかりと塗ります。べたつかないしお米っぽい香りもいい」

私もこれ気になっていたんですよね。ちょっと使ってみようかなぁ~。



最後まで読んでいただきありがとうございます。あなたにとって今日一日が素敵な日になりますように!
ランキングに参加しています。
ポチっと2つ応援いただけたらとても励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です