資生堂リンクルクリームの全成分:しわへの有効成分はレチノール

奥ちゃま、奥ちゃま~!

ごきげんよう! すちゃらか魔女ナツでございます。

しわ対策として、資生堂のリンクルクリームを使いはじめて1週間。

まだ見た目にシワなくなった・・・とは行ってませんが、(逆に1週間でシワなくなってたらコワイ)けっこういい感じの予感がしています♪

 

資生堂リンクルクリームの全成分は?

レチノール、酢酸DL-α-トコフェロール、水溶性コラーゲン(F)、濃グリセリン、精製水、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、1.3-ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、エタノール、メドウフォーム油、ポリエチレングリコール1000、メチルポリシロキサン、アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、ポリプロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、トリイソステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリビニルアルコール、ステアリルアルコール、モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸三ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、酵母エキス(3)、無水エタノール、マリンエラスチン、クララエキス(1)、カノコソウエキス、フェノキシエタノール、香料、β-カロチン

資生堂公式サイトより

 

この成分の中の

  1. レチノール
  2. 酢酸DL-α-トコフェロール

有効成分です。

レチノールやっぱりいいですよね。

資生堂のリンクルクリームは”純粋”レチノールを特別なパッケージに入れて肌にきちんと届くようにしてます。

 

ちなみに、この資生堂リンクルクリームSの商品が発売発表されたときの日本経済新聞の記事がありました。

資生堂、シワ改善成分配合したクリーム

資生堂は20日、シワを改善する効果のあるクリームを6月21日から発売すると発表した。シワの改善効果がある有効成分をクリームに配合。医薬部外品として厚生労働省の許可を得た。(中略)

新商品「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS」には純粋レチノールという成分を配合。細胞内でヒアルロン酸の生成を促し、水分量を増やす効果が見込める。水分量が多くなり、皮膚が柔らかくなることでシワの改善につなげるという。(中略)

資生堂によると、レチノールに9週間で深いシワを改善する効果が認められたという。シワの深さを示す7段階のシワグレードでレベル4.75だったシワを4に改善できた結果が出たという。使用後にシワの本数が減ったり、シワの深さが改善するなどの効果が認められた。

引用:日本経済新聞2017/4/20

 

 

こっちの記事で資生堂エリクシールシュペリエル リンクルクリームSを取り上げてます!

【シワ専用】資生堂リンクルクリームの口コミと効果から副作用まで徹底解剖

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です