『僕が何者かは僕が決める』とフレディ。映画を見て胸キュンを思い出した【ボヘミアン・ラプソディ】

奥ちゃまごきげんよう。

今日ボヘミアン・ラプソディをまた見てきちゃいした~。

先週に引き続きAGAIN。

1回目に見た時はフレディと映画の役者さんの(私が持ってるい)イメージが違いすぎたし、脚本がフレディの孤独と苦悩をあまり描けてない・・・と薄く感じたのです。

でも帰ってyoutubeでライブエイド見たりして。

その動きのそっくりさ加減にビックリしたりして。

2回めともなると、もうバッチリ違和感なくどっぷり映画に浸っちゃいました。

ちなみに、ボヘミアン・ラプソディは、今公開中の伝説の英国ロックバンドQUEENのフレディ・マーキュリーの自伝的映画。

映画を見るというより、ライブ聞きに行く感覚で行ったんです。

劇中のライブエイドの場面でフレディが歌いだした時なんか、

もう体中鳥肌がたってしまった程。

 

QUEENの曲を聞きながら走馬灯のように思い出が蘇りました。

 

音楽や映画って、そういうところが魅力ですよね。

ユーミンの曲きいたら、10代の頃の胸キュンの恋を思い出したりってことないですか?

映画のテーマになった曲がカーラジオから流れてきて、昔彼とその映画見に行ったなぁとか。

 

そして、ちょっと元気になる。

奥ちゃま、世知辛い世の中だし、家族のお世話も家事も大変ですが、たまには自分をいたわってあげましょうネ。

いつも貴女を応援しています。

 

すちゃらか魔女・ナツ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です