温活に効果倍増な温めるべき部位3か所。 冷え取りで疲労回復しよう! 

寒い日が続きますね。

こんにちは。

一年中冷え性と戦っているモリィです。

「冷え性は疲労が蓄積する」ってご存知ですか?

体が冷えることにより、血流が悪くなります。

体の末端まで血流が十分いかなくなるのです。

そうなってくると疲労物質の排出が滞ります。

疲労が蓄積していくのです。

「冷え性」で末端の体温が下がってツライのはそのためです。

そこで、今日は、女性の大敵である「冷え」をとる【温活】のコツをお届けします。

 

温活がなぜ必要か!?

女性は筋肉量が少ないので冷えやすいと言われています。

毎日筋トレなどのトレーニングをすれば、3か月後には冷え知らず・・・ですが、それもちょっと難しいですよね。

しかも寒い冬だけでなく、夏の冷房、オフィスの空調・・・、私たちは一年中「冷えの脅威」にさらされています。

冷えてしまった体。

そのままでは、ダメです。

体が悲鳴を上げるまえに、温活しましょう!

では、効率よく温めるには、身体のどこを温めればいいのでしょう?

 

温活に効果倍増‼ 温めるべき場所はココだ!

 

首をあたためよう!

首は大きな血管が表面の近くにあるので、首を温めると、いち早く全身がすぐに温まります。

おすすめの温め方はホットタオルを首にのせること!

濡らしたタオルを電子レンジで1分間チンして、温度をたしかめて(熱すぎないか)から首の後ろにのせます。

じんわりほ~っとしてとってもいい気持ち♪

温まるまで2度程繰り返すと効果があります。

 

仙骨(後ろの腰の骨あたり)をあたためよう!

仙骨周りは、筋肉や脂肪が少なく内蔵に近いので、ここを温めると、内蔵が温められます。

貼るカイロを利用すると手軽ですね。

低温やけどしないように、服の上から貼ってください。

 

 

ひじをあたためよう!

首から肩にかけての血流がよくなるので、肩こりの緩和になるし、呼吸を整えるツボが多いので自律神経が整います。

温めるには、42~45度のお湯にひじを3~5分間つけてあたためるとよいです。

ひじだけじゃなくて、体中がぽかぽかしてきますよ。

ひじ用のサポーターも使えます!

ヒートテックのような素材のものがあるので、外出する時に利用できます。

 

まとめ

冷えが通常の状態になると、いろいろと体に悪影響があります。

疲労するだけでなく、太ったりしたら大変!

温活&冷え取りは私たち女性には重要です。

 

日頃からこまめに温活して、イキイキとした毎日を手に入れましょう!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です