「IKKO女の法則」を読んで、印象に残ったこと

美容家のIKKOさんの本「IKKO女の法則」を読んで思ったことを忘備録的に残しておきます♪

IKKOさんといえば、美への追及あくなきメイクアップアーティスト。

おネェ系美容家としても有名でバラエティでも好まれるキャラ立ちのお方。

図書館でふと手に取った「IKKO女の法則」という本の「女の・・」というタイトルに惹かれ読んでみました。

 

IKKOさんって女?

おいおい、そこからかい? という突っ込みは置いといて、オネェだというのは知ってます。

カミングアウトするまでの苦悩みたいなのは、TV番組で見たことあるし。

でも女? 女だったけ?

って、戸籍上とか、肉体的にとか明確な区別はどうでもいいんですが、

私がとっても心に響いたのは、本の中でずっと

「女・・・」という目線で読者に話しかけているところ。

「女としては…私も・・・」

まるっきりIKKOさんは心が女なんだ~。

今更ですね・・・。

てか、世の中の女はそんな女女してないし。

女優さんとか夜の蝶の方々は違いますよ!

普段の生活で女を全面に出してる人なんて、あまりいませんから!

 

・・・回想・・・本物の女性が女を全面に出すと!?

そうえいば、大学を卒業して新卒で入った会社(出版社)の同僚にいました。

まるっきり女女している人。

服は峰不二子ばり。

ビジネスの場なのに、着ている服のカットソーの胸の上が♡にくりぬいてあったり、歩き方もモンローウォーク。

いつもエロちっくなお洋服で、メイクもパーツを強調したもの。

ええ、一緒に新宿2丁目で飲んだ時、バーの方々(オネェ)に

「あんた、私の友達にそっくりよぉ~」

「アンタみたいなオカマ知ってるわ~。本当に女なの?」

と口々に言われてました。

 

そうなんです、女を強調すると、一般人はオカマにみえちゃうんです!

普通の女は女を強調しないから。(むしろオヤジ化してる人多し)

 

IKKO本の中のいい言葉

 

幸せオーラは美人を作る

 

自分を愛することが大切

 

苦しいときこそ目標を!!

 

食べることは悪いことじゃない。食べているときって自律神経のバランスが保てている。食欲はストレスで壊れた自律神経の、正常に戻してというSOS信号・・。食べることは決して悪いことじゃない。ときには安心させてあげて精神のバランスを保てるのでは・・・。

 

今日のたるみが明後日の結果

 

生まれた時から女性性なんだから、もちっと女として頑張らねば! と思った本でした。

IKKO女の法則 幸運を引き寄せるココロとオンナの磨き方

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。あなたにとって今日一日が素敵な日になりますように!
ランキングに参加しています。
ポチっと2つ応援いただけたらとても励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です