「究極の美容クリーム」というヒルドイドの口コミが社会に迷惑をかけていた!?

今日も麗しの奥ちゃま! ごきげんよう!

今日のニュースご覧になりまして!?

「究極の美肌クリーム」口コミ拡散 保湿薬、美容使用が横行(産経新聞)

これって、見出し見ただけで、まるっきりヒルドイドの話だな! と分かった方も多いのでは?

確かに2~3年前位から、まとめサイトとかで、「安いのに高級な化粧品よりすごい!」とよく目にしました。

実際に私も吹き出物の治療時に肌の乾燥予防と医師から処方されたことがあるのですが、初めて使った時の感想としては、「ネットの口コミは言い過ぎ。ただの保湿剤じゃん」でした。

日常使っているクリームと美容効果の点ではくらべようもないというか・・・。

 

でも、今現在私は顔も体にも全身に使ってます。

先週から季節の変わり目だからか、ストレスからか、それとも何かの花粉のアレルギーなのか、わからないんですが、全身にじんましんがでていて治療中なの。

顔も痒いので、とても通常の化粧品を使う気になれなくて・・・。

ヒルドイドは刺激がないから、やっぱり安心です。

 

元々はこういう皮膚疾患がある患者さんのためにある薬なんですよね~。

美容目的でヒルドイドを使う人が多いせいで、健保連がその費用負担に耐えかね「保湿剤の処方を保険適用外とすることも検討すべきだ」と厚生労働省に要望したそうです。

もし認められれば、本当に必要な患者さんは困ってしまいますね。

 

ネットで情報があっという間に広がるのも怖いけど、病院に行くと本当にここまで必要?というくらいの種類と量の薬を出されるときがあるんです。

その問題も保険料を考えるなら、どうにかした方がいいのでは?

薬局で初めて、薬の量が膨大なことに気づいて、薬剤師さんに「こんなにいらないんじゃ?」と言っても、「医師の処方どおり」じゃなきゃダメですから。

ここから病院に戻って医師に再度かけあうのも手間だから、そのままお金払っちゃう・・・という経験は多分誰にでもあるんじゃないかな?

医療費と薬の問題は根が深いです。

だって薬をいっぱい出してくれる病院の方が人気あるもん。

いろいろと社会的な合意が必要な問題です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です