【日傘の選び方】お気に入りを探そう!

全国の可愛い奥ちゃま♡ こんにちは。

すちゃらか魔女・ナツでございます。

 

とうとう梅雨入りしましたね。

今日みたいな「曇でもあり雨も降る」日に便利なのはやっぱり晴雨兼用の日傘

今日は晴雨兼用の日傘の選び方についてとりあげちゃいます。

 

折りたたみの日傘の選び方! 丈夫で長持ちのお気に入りを持とう!

 

折りたたみ日傘は取っ手の形状と骨の素材と布の遮光性を見よ!

 

上の写真の日傘の取っ手だと、長時間もつのに手が疲れちゃいます。

持ちやすさは絶対フック型の取っ手

柄の部分がまっすぐな棒ではなく、普通の雨傘のようにフック状になっているものが持ちやすいです。

折りたたみの日傘で上の写真のようなフック状の日傘は少ないので、見つけたら買い!ですね。

折りたたみの骨の強さ・丈夫さはファイバーやカーボンがいい

折りたたみの日傘は折れやすいのが難点でしたが、最近は素材がアルミのような金属だけじゃなくてグラスファイバーやカーボンの骨が出ています。

グラスファイバーとは

グラスファイバー(長繊維)は、太さ数ミクロンから十数ミクロンに成形したガラスの糸です。その工程では、摂氏1,600度の高温窯で溶融したガラスの素地を白金ノズルから毎分約3,000mのスピードで引き出すことで成型されます。
グラスファイバー(長繊維)は機械的強度が高く、優れた複合材料を生み出します。その優れた特性(引張り強度、電気絶縁性、耐熱性、耐薬品性など)により、今や現代社会に欠くことのできない素材として住宅、自動車、船舶からコンピュータを始めとするエレクトロニクス製品に至るまで幅広く使われています。

引用:『硝子繊維協会公式ホームページ』より

 

カーボンとは

「軽くて、強く、腐食しない」21世紀型の先端機能材料と云われている炭素繊維は、軽くて、優れた機械的な性質(高比強度、高比弾性率など)と炭素質からくる優れた特性(導電性、耐熱性、低熱膨張率、化学安定性、自己潤滑性及び高熱伝導性など)を併せもつため、いろいろな用途に幅広く使われています。

引用:『炭素繊維協会公式ホームページ』より

グラスファイバーとカーボンの日傘の骨はどっちが強い?

どちらが強いかといえば、カーボンですが、グラスファイバーでもいままでの金属製の骨とは段違いに折れにくいです。

この二つで迷ったら、好きなデザインの方を選べばいいと思います。

日傘の布は中が黒いことがマスト

日傘の遮光率ばかりに目が行きがちですが、最近は99%以下はそうそうみかけません。

注目すべきは傘の内側の布が黒いかどうか。

紫外線は上からそそぐだけでなく、道路や横の方からもやってきます。

紫外線のコワイのは反射するところ。

傘の内側が白いとその紫外線を傘の中で反射させて顔に浴びせてしまいます。

日傘の内側は黒いものを選びましょう!

 

日傘選び失敗談。私は何度も失敗しました。

10代は部活で全身日焼けして真っ黒。

20代はマリンスポーツとオシャレ日焼けで真っ黒。

そんな私でしたが、30代になってアンチエイジングを意識しだしてからは日傘を持つようにしています。

理由はずばり、紫外線が老化を誘うから。

紫外線で肌は老化する

肌の老化の原因の8割は紫外線といわれています。

若い頃はいいのですが、40代を過ぎてビミョーなお年ごろ(笑)になったら、紫外線予防に気を付けたいですね。

女優の栗山千秋さんは女優になると決めた中学生の頃から外ではいつも日傘をさして紫外線予防をしていたとか。

その気合いは学びたいところです。

ドラッグストアで間に合わせ的に買った安い日傘はすぐ折れる・・・

日傘キャリアが浅かったころは、外出先であまりの日光の強さに怖気づき、近くのドラッグストアに飛び込んで安い日傘を良くかってました。

1500円位の(笑)

それなりにオシャレに見えたのですが、骨はもちろんアルミ製。

何度か使ってたら骨が折れたり曲がったりですぐダメになりました。

でも懲りずにまたドラッグストアで買う ⇒ 折れる・・・を何度か繰り返し、やっと

「安物買いの銭失いってこのことだ!」と気づいた私。

バカですね。

お気に入りの1本を選びたい

その後、駅ビルのファッションブランドでカーボンの骨の日傘を買いました。

紫外線遮光99.9%!

4000円位のお値段でしたが、本当に丈夫です。

雨の日にもさっとバッグから出せて重宝しています。

ドラッグストアで買った1500円の安物を何本も駄目にしたバカな私。

初めから4000円のファンションブランドのちゃんとした日傘を買えばよかったのに・・・。

 

本当にお気に入りのステキな日傘に出会った

話はここで終わりではありません。

実は、先日外出するのに日傘を忘れた私。

あまりの太陽の照り具合に我慢できずにまた日傘を衝動買いしました!

今度は向かった先は渋谷・ヒカリエです(たまたま渋谷にいたのです)。

適当な店がなかったせいもありますが、友達が一緒だったからちょっとミエをはりました。

選んだのは黄色い日傘。

気分が明るくなりそうな模様です。

お値段はだいたい1万円くらい。

ちょっと頑張りました(笑)

そして外に出て日傘をさしてみると!!

ビックリしました。

4000円の日傘との違いに!

同じ紫外線遮断率だったのに、びっくりするほど体感が違います。

紫外線からしっかり守ってくれているのがヒシヒシと感じられる安心感。

傘の内側はなぜかすずしい・・・。

 

まとめ

日傘・・・・いろいろありますが、日傘はお値段と内容が比例します。

お値段以上にお得なニトリみたいなことは、ないとつくづく感じました。

日傘を忘れて外出先で妥協して買うのではなく、お気に入りの日傘を手に入れて大事に使いたいですよね。

今日も奥ちゃま、いい一日を~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です